びずまんぶろぐ

びずまんぶろぐ

ロサンゼルスで働く意識低い系ビジネスマンのブログ。株式投資や生活についてつぶやきます。

「大坂半端ないって」CMの日清カップヌードルの先見性半端ないって


大坂なおみ選手、全米オープンの優勝おめでとうございます!

 

そこまでテニスのファン、というわけではないですが、流石にグランドスラムの制覇ともなると、胸が熱くなってしまいました。

 

あくまでにわかファンの僕がテニスについて語ることはできないので、今回は日清の作ったCMについて。

 

「大阪半端ないって」

このCM、みたことありますか?

 


カップヌードルCM 「大坂半端ないって 篇」 30秒 / 大坂なおみ

 

今でこそ元ネタの「大迫半端ないって」はとても有名になりました。

ですが、このCMが放送されだしたのは、今年のW杯よりも少し前の2018/5/25から。

 

www.nissin.com

 

放送された当時、僕はこれをみて

「これ元ネタ分かる人、どれくらいおるんかな...?」

と、日清のクレイジーさに感心していました。

 

元ネタといえば、今では言わずと知れたこちら。

 


大迫 、ハンパないって!!フルバージョン

 

これ、2008〜2009年の全国高校サッカー選手権の当時から話題になって、以来、「大迫半端ないって」は大迫選手の代名詞のように扱われていました。

それでもその知名度はあくまでサッカーファンのみに留まり、サッカーに興味のない一般層には全くと言っていいほど浸透していませんでした。

 

それが、日清のこのCMが放映された当時の状況。

 

もっといえば、そもそも大坂なおみ選手のことを知らない、という人もかなりの数いたんではないでしょうか。

「大迫半端ないって」を知らず、さらには大坂なおみ選手も知らなければ、日清のCMはただのわけのわからないクレイジーなCMです。

 

そんな状況でこのCMを作り、放映する日清の遊び心にはとても感心していました。

元ネタから10年経っていたこともあり、「よくこのCM作ったな」「よくこのCM、企画会議通ったな」と。

 

これ以外にもカップヌードルのCMには遊び心とか風刺とかがふんだんに盛り込まれたものが多くて、個人的にはカップヌードルのCMには毎回ワクワクしていました。

 

これとかね。

こんなバカっぽいのをCMとして放送しちゃうところめっちゃ好き。

 


カップヌードルのCMが面白い

 

Jamiroquai の Virtual Insanity の替え歌で「ハラヘッターオーカップヌードルイツツタベラレールクラーイ」ってのもあったな。

興味ある方は「Jamiroquai カップヌードル」って探してみてください。

 

大迫選手はW杯でブレイク、大坂なおみはグランドスラム制覇

そして、カップヌードルCM「大坂半端ないって 篇」が放送されて約1ヶ月後、「大迫半端ないって」が大ブレイク

この大ブレイクを予期していたとしたら、日清マジ半端ないって!と思っていたんですが、「大迫半端ないって」がブレイクしたのち、全力で乗っかりに行くのかなと思いきや、逆にこのCM を目にする機会は減りました

理由はよくわかりませんが、さらにそこに男気を感じたり。

 

なんかね、カップヌードルのCMって、カッコいいんですよね。

もはや、商売っ気というか売ることをあまり目的にしてない感じがして。

日清の中で、カップヌードルのCMは全力でふざけてオッケーですよ、みたいな風土なんですかね?

 

でもそういうところにこそ、ミラクルは起こるもんで。

 

今度は、大坂なおみ選手のグランドスラム制覇

結果的に、日清カップヌードルは、大迫選手と大坂選手のブレイクをピタリと予言していた、と言っても過言ではない状況となりました。

 

もちろん、両選手ともにもともと素晴らしい選手なんですけどね。

大坂選手のスポンサーは日清ですし。

 

日清カップヌードルの尖ったCM

なんにせよ、僕は大坂選手のグランドスラム制覇のニュースをみたとき、カップヌードルのCMを思い出しました。

 

放送された当初は

「日清カップヌードル、マジクレイジーやな!(いい意味で)」

と思っていたのが、今では

「日清カップヌードル、半端ないって!」

に変わりましたね。

 

これからも、日清カップヌードルのCMには期待してますし、カップヌードル以外にももっともっとバカなCMが増えてくれればいいなぁ、と思っています。

 

今日のところはこのへんで。