びずまんぶろぐ

びずまんぶろぐ

ロサンゼルスで働く意識低い系ビジネスマンのブログ。株式投資や生活についてつぶやきます。

ずぼら男子はこれで十分!無印良品の化粧水、最強説


30歳を超えてからなかなかおっさんが板に付いてきたびずまんです。

なんかおっさん臭ぇな…と思ったら部屋には自分しかいない…なんていう密室トリックが度々発生します。不思議!

 

おっさんにとって、化粧水って凄くめんどくさくないですか?

僕も割と乾燥肌・敏感肌なタイプなんですが、髭を剃った後や顔を洗った後に化粧水をつけたりするのがめんどくさくて凄く嫌いでした。

 

なんせ手数が多いんですよね!

ボトルを開けて、ボトルから手に出して、顔にパタパタして、手を洗って、ボトルを締める。

もうね、書いているだけでめんどくさい。

なんなら、蛇口をひねる、とかいう手順もある。

書いているだけなのにもうイライラしてきました。

 

でも、髭を剃った後や洗顔フォームで顔を洗った後に何もつけないのは、さすがに肌がカッサカサになってしまいます。

 

そんななか、色々試して僕は一つの正解にたどり着きました。

それが、無印良品の化粧水シリーズ

正しいスキンケアではないかもしれませんが、僕のようにずぼらで、パッと、サッと使えて、とりあえずカサカサしなければオッケー、という男子にはピッタリ!

 

無印良品 化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ

僕が使っているのは、化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ

無印良品の化粧水にはいろんな種類があって、店頭で実際に肌につけてみたりして一番気に入ったのがさっぱりタイプでした。

 

f:id:biz_man:20180913223747j:plain

(もう空っぽやんけ!)

 

僕は化粧水をつけた後に肌がすこしベタつくタイプのものが好きではないんですが、このさっぱりタイプは商品名通り、まったくベタつきません。

ほぼ水。

あれ、僕、ただの水に騙されてるのかな…?という疑念すら湧き上がるさっぱりさらさら具合です。

 

と思って、裏面を見てみるとこんなことが書いてありました。

f:id:biz_man:20180913223841j:plain

岩手県釜石の天然水を使用

 

あーはいはい。

釜石ね。

あそこの水だったらそうだよね。

 

なんて、全然釜石知らないんですけど。

化粧水の好みは人によって違うかもしれませんが、ずぼら男子にはぜひともこのさっぱりタイプを僕はオススメしたいです。

 

別売りスプレーヘッドが超便利

そして、僕はこの化粧水ボトルにそのまま取り付けられる別売りのスプレーヘッド(税込150円)を付けて使っています。

 

このスプレーヘッドが超便利

一回買えば付け替えてずっと使えるので、絶対に買ったほうがいいです。

 

プッシュすると化粧水がミスト状になって出てくるので、ボトルを空けたり手にとったりパタパタしたり汚れた手を洗ったり、という手間が一気に省けます。

 

1. 髭を剃る。

2. 顔面に化粧水ミストを吹きかける。

 

以上です。

 

ね、簡単でしょ?

 

1. 髭を剃る。

2. 顔面に化粧水ミストを吹きかける。

 

この2ステップであなたも明日から、朝の準備に余裕ができ、奥さんの機嫌も上々、会社では女性社員からモテモテ、宝くじを買えば高額当選間違いなしです。(※ 個人の感想です。効果には個人差があります。)

 

吹きかけたあと、本当はパタパタして顔に浸透させたほうがいいんでしょうけど、そんなことをすると手を洗わないといけないので、男は黙って、自然浸透・自然乾燥です。

 

その他

それ以外の特徴や価格なんかも見ていきましょう。

 

有効成分として、敏感肌シリーズの化粧水には以下のものが入っています。

  • 【天然植物成分】グレープフルーツ種子エキス(うるおい成分)
  • 【天然植物成分】スベリヒユエキス(肌保護成分)
  • リピジュア®(ポリクオタニウム-51)(うるおい機能成分)
  • ヒアルロン酸Na(うるおい機能成分)

 

スベリヒユって聞いたことがないんですが、これ付けてったら、比喩表現全然伝わらなくてスベっちゃうのかな?ってちょっと心配になります。

 

価格は、200mlボトル が税込580円、400mlボトルが税込980円です。

1mlあたりの単価は、200mlボトルのものが2.90円、400mlボトルのものが2.45円なので、400mlボトルの方がコスパはいいのですが、僕は200mlボトルを使っています。

特に理由は無いんですが、サイズ的にも200mlくらいの方がちょうどいいかなって。

それでも、毎日使ったとしてもだいたい2〜3ヶ月くらいは200ml 1本で使えますね。 

追記:400mlボトルも購入してみましたが、スプレーヘッドも装着可能で、片手で持ってみてもそこまで大きく重くもありませんでした。

次回からは400mlの大容量タイプにしてみようかと思っていますが、旅行や出張でちょっと不便かもしれないので、空の200mlボトルも手元に置いておきたいと思います。

 

そして僕は使っていませんが、コットンでパタパタしたい、という女子力高めの男子には、ポンプに押し付けるだけでコットンを化粧水でビチャビチャにしてくれる(言い方悪い)、コットン専用のポンプヘッドも別売り(税込350円)されています。

コットンでうまいことやれば、もしかしたら手を汚さずに顔面をパタパタできるかも?

 

まとめ

30歳になるまで、僕もいろんな化粧水を試してきました。

ギャツビーとかウーノとか、男性用化粧品ブランドも試しました。

でも、ついにたどり着いた僕にとっての正解は、無印良品の化粧水でした。

 

もし、

「特に決まった化粧水は無いから、いつも適当に買ってるな...」

「ていうかできるならめんどくさいから化粧水とか付けたくないな...」

と思っている、少し前の僕のようなずぼら男子がいれば、騙されたと思って是非とも無印良品の化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ + スプレーヘッドを使ってみてください。

 


無印良品 化粧水・敏感肌用・さっぱりタイプ(大容量) 400ml

 


無印良品 スプレーヘッド

 

ちなみに、Amazon や楽天なんかでも買うことはできますが、定価よりもべらぼうに高いので、必ず店頭、無印オンライン、LOHACO等の定価販売のショップで買いましょう。(定価は先述のものをご参照ください)

上記商品リンクのショップなら、一定額以上の購入で送料無料にもなるようです。

無印良品 ネットストア のキャンペーン中なら送料無料になることもあるようです。(2018/9/14 現在、キャンペーン中で紹介した商品は送料無料ですので、無印良品 ネットストアが一番お得で手軽に購入できます)

参考までに下にAmazon や楽天の商品リンクも載せておきます。

 

ファミリーマート・サンクス店頭などで取り扱っているところもあります。

こちらは店舗によって取り扱い商品が違うので、例えば「しっとりタイプ」しか置いていない、なんてこともあるんですけどね。(僕の家の近所は「しっとりタイプ」だけの取り扱いでした。残念。)

 

それでは今日はこのへんで。